「まあるく 前向きな生き方をする」ための聴き方・1


聴き方:2

何でも聴くことは良いことでもない
「これは誰にも言わないでね」という話は聴かない方が良い

イメージ写真よく、「ここだけの内緒の話だけど」「誰にも言わないでね」「絶対に秘密の話だけど」など、人に漏らしてはいけない話を話されようとすることがあります。

そのような時、あなたは絶対にその話を漏らさないと、自信がないのなら最初から聴かない方が良いでしょう。いつか、あなたは他の人に話します。“トップニュース”を知っていながら、自分の内に押さえておくことは苦痛です。

また、本人にそのことが知られた時に、友人自身も疑われます。そして、友人からも「あなたが漏らした」と疑われる恐れもあるのではないでしょうか。

ののしりの言葉を受けた場合の対処法

あなたに対して、非常な怒りでののしったり、怒鳴ったりする人がいる場合。あなたに限らず、誰でも、それを表に出すか、出さないかの違いはあっても“逆切れ”をするのが普通の反応でしょう。

ののしり返せば、問題は大きくなり暴力沙汰になりかねません。結局、勝ったとしても不愉快で心臓にかかった負担は相当なものです。

このような場合には、相手のののしっていることに耳を傾けると腹が立ちます。しかたがないので、ほかごとを考えて問題を最初から避けましょう。今晩のおかず・今夜見るテレビ番組・自分の趣味・最近、やり残したことなどを考え始めると、腹の立つことを聞かないで済みます。

または「ゴメン、トイレに行きたいので」「大変、忘れ物をした」と言って、速やかにその場を立ち去るのも良い方法です。


聴いた方が善いこと
他人の悩みは聴いてあげなさい

イメージ写真友達が、何かの事で落ち込んでいる時があります。そんな場合、あなたは(気分が暗くなる)と考え、避けたり、知らない振りをしますか。それとも、親切に優しい言葉をかけますか。

面倒がらずに聴いてあげましょう。「どうかしたの?」「カゼでもひいたの?」などの言葉を掛けることが出来ます。あるいは、食事や喫茶に誘ってあげるのも善いことです。解決策がなくても聴いてあげることだけでも楽になることがあります。

いつ、自分も落ち込むことがあるかも分からないのです。他人の悩みは、自分の悩みだと思って親切に応じましょう。配偶者には特別な気遣いを示すことを忘れないように。

でも、無理に聴き出すことは返って迷惑になりますから注意して下さいね。

親・上司の説教や助言をジャマくさいと考えることは間違い

説教や助言は、うるさいと思うのが普通の反応です。顔を見ればクドクドと言う人はイヤなものです。でも、親・上司・先生はイヤでも避けて通れません。

このように考えることが出来ます。自分より小さい子供と自分では、どちらの方が物事を知っていますか?当然、経験者の方が多くのことを知っています。

そうであるなら、あなたより年上であったり、経験が豊富な人の助言を退けるのは未熟なことと思いませんか。“まず退ける”ではなく“まず聴く”姿勢を持ちましょう。



  サイトマップ
  通販法に基づく表記
  主宰者プロフィール
  http://www.yuu3.jp/
  top@yuu3.jp

© 2002〜yuu 当サイトの著作物を使用する場合は許可が必要です──
癒し系サイト『自然派倶楽部 yuu 』〒507-0814 岐阜県多治見市市之倉町7丁目175-145──
※取扱品目のお問合わせ:夜間・休日も可 TEL 0572-24-9020 / FAX 0572-74-0265──
(ご注意:上記は「趣味サイトである温泉宿」の連絡先ではありません)──