旅館温泉

旅館温泉




旅館温泉

実例:ひんぱんにTVや出版物で紹介される秘湯で名の通った旅館なのですが、ご主人は、特に愛想が良いと言う訳でもなく普通でしたが、2代目は無愛想で「いらっしゃいませ」でもなく、宿泊する人かと思ったほど。施設内も乱雑そのもの。そして、目玉でもある露天風呂は熱くて入れない。しかたがないからお客さんは湯舟の外にいるのです。温度も見ないのでしょうか。さらに、露天風呂のすぐ横には木かゴミを焼いた跡が汚く残ったままでした。これではだまされたような気がします。わざわざ何時間もかけて来たのに、何と残念なことでしょう。もう、二度と行きたくありません。もし、これがあなたの旅館だったらどう考えますか?

旅館温泉
こんな温泉旅館がイイ♪♪ 日本全国に非常に数多くの温泉旅館があります。近年、日本経済の縮小やレジャーの多様化などもあり、団体で泊まるより、家族あるいは夫婦のみで泊まるお客様が増えております。さて、やっと旅行代を貯めて泊まったのに、その旅館がお客様に対するサービスの怠慢や努力不足で不愉快な旅になったとしたら、両者にとって損失になります。そこで、当サイトが観察した経験から「こんな旅館ならリピーターになりたい」「他の人にも薦めたい」旅館は、どこが違うのかを列挙します。前向きに“お客様の方を向いている”旅館は参考にされて下さい(※当サイトに掲載されている施設が100点という訳ではありません)
旅

予約・宿泊料金

インターネットで「空室状況」の確認と「予約」が出来る。オフシーズンには割引宿泊料金が設定してある。平日、1泊2食付きで10,000円位から宿泊できる。予約した方には案内書を送る。

×

電話予約しようにも、なかなか繋がらない。ただホームページを開いているだけで何の情報更新もない(事情によってできない場合もあると思う)

玄関周り

余分な物が出してなく、整頓されており、きれいに掃いてある。野草などの季節の花がさりげなく生けられている。個人でも歓迎の名札を掲げてある。

×

玄関や駐車場などに、ゴミ・傘・ほうき・ホースがそのままになっていたり、破れたりめくれたままの玄関マットが敷かれている(無い方がマシ)和風なのに派手な洋花が飾ってある(地域や建物に調和した花を飾る)壊れたプランターなどに、街でも見る園芸植物が植えてある(これも無い方がマシ)

ロビーでの応対

にこやかに接客し、お茶やおしぼりを出す。当館まできて下さった労をねぎらう。

×

無愛想で、すぐに部屋に案内する(鏡で、笑顔を練習するとできる)

館内・部屋

風情・風土・風流・風景を取り入れ、調和した建物設計になっている。季節の山野草や地域にある花が飾ってある。和風なら日本画・書、洋風なら油絵か版画が、建物や地域に合ったものが飾ってある。ユニバーサルデザイン(あらゆる人に対応)の考えを取り入れている。古くても清掃や修繕が行き届いている。旅館と調和した新しいお土産を販売している。

×

全くセンスがなく、雑然としたままの建物である。造花が飾ってある(無い方がマシ)関係のないポスターが貼ってある(しかも破れている)全く調和していない絵が飾ってある(無い方がマシ)階段にゴミが落ちている。ホコリのかぶったお土産を販売している(これなら買う人はほとんどいないので、無い方がマシ)館内に自販機がやたらと多い(街でうんざりしています)

料理

旬の地の物が出る。料理に、こだわりと工夫が観られる。野草が添えてある。無農薬野菜など安全な食材を使ってある。人数にあった食事処がある。バイキング形式の場合、揚げたて・作りたての物を出す。洋風と和風の選択ができる。

×

どこにでもあるような物しか出さない(評判店に食べに行き、刺激を受けると良い・最近の料理本で勉強する)食べきれないほど出す(過食より、健康が重要視されていることを理解していない)見た目は良いが、味が悪い(料理人が成人病の場合に味が薄くなる傾向があり、アンケートをとって改善をはかる)作り慣れない洋食を出す(ハンバーグなど)朝食も部屋食の場合はフトンなど不潔なので避けたい。バイキング形式を宣伝しておきながら、客が少ないのでやらない(不当表示です)バイキング形式で、まだ食べている間に片付け始める(時間制限がきついと、休養になりません)“手作り”と言って、食品業者のレトルトを使う(これも不当表示、やがて評判を落とします。ただし、業者にもよります)

お風呂・露天風呂

古くても清掃が行き届いている。浴槽や建物に風情がある。風呂おけやカゴに天然素材を使ってある。景色が良く、整備されている。掛け流し温泉である。洗面台・脱衣所は頻繁に清掃にきて整えてある。

×

湯アカや人の油でヌルヌルして危ない。洗面台・脱衣所に髪の毛がいっぱい落ちている。ドライヤーが壊れたまま放置されている。カルキの循環式なのに表示しない(お客様によっては怒ります)目立つ色のプラスティックのカゴや風呂おけを使っている(温泉が良くても風情が台無し)熱過ぎて入れない(お客様が何のために来たのか考えていない)景色の中に汚れた物を置いたままにしてある(せっかく遠いところから来たのに、お金を返してもらいたい)

トイレ

ウォッシュレットを使っている(普通の家庭でも設置してあります)■季節の野草が飾ってある。生理用品がおいてある。

×

壊れている・汚れている(問題外)造花が飾ってある(無い方がマシ)

その他、こんなサービスがあればベター

食後、部屋に冷たい水を用意してくれる(料理をたくさん食べたのと、湯上がりで冷たい水は欲しい)■仲居さんが親しみやすく親切である。少し上等なタオル使っている(これも宣伝になります。安いタオルはすぐに雑巾になる)■女将さんが個人のお客様にも挨拶に回る(夕食の時なら可能です)■夜食におにぎりが用意してある(500円以内)■アンケート用紙が準備してある(旅館にとって貴重な資料となります)■帰りにコーヒーなどを出してくれる(朝は飲みたい人が多い)■帰り際に、旅館の前で写真のシャッターを押してくれる(旅館の宣伝にもなります)


旅館温泉

癒しサイト自然派倶楽部 yuu温泉宿


  サイトマップ
  通販法に基づく表記
  主宰者プロフィール
  http://www.yuu3.jp/
  top@yuu3.jp

© 2002〜yuu 当サイトの著作物を使用する場合は許可が必要です──
癒し系サイト『自然派倶楽部 yuu 』〒507-0814 岐阜県多治見市市之倉町7丁目175-145──
※取扱品目のお問合わせ:夜間・休日も可 TEL 0572-24-9020 / FAX 0572-74-0265──
(ご注意:上記は「趣味サイトである温泉宿」の連絡先ではありません)──