那須「鹿の湯」

那須「鹿の湯」




那須湯本温泉 元湯 鹿の湯

那須「鹿の湯」

那須湯本温泉「元湯 鹿の湯」

那須湯本温泉は那須で一番古く、開湯1300年といわれる。鹿がこの温泉で傷を癒していたことから『那須:鹿の湯』と呼ばれるようになった。温泉通にはたまらない、昔ながらの木造の湯船は、時代を遡ったようなレトロ感がタップリで、身体のみならず、心も癒される。立ち寄り湯のみの共同浴場であるが、長期の湯治客にはそばに民宿が幾つかある。
那須「鹿の湯」

硫黄の独特の匂いと乳白色の湯が懐かしさを感じさせる。混浴(と言っても、ほぼ男専用)湯船は入り口にかぶり湯が1個。中は6つに仕切ってあり、温度管理はしっかりとされている。41℃・42℃・43℃・44℃・46℃・48℃の6種類。さすがに48℃に入っている人は少ないみたい。女性専用は最高温度は46℃になっているとのこと。これらを3分浸かっては休み。休憩して、また3分浸かるという“短熱浴”を3回ほど繰り返す。各地からきた湯治客と世間話をしながらの時間つぶしは愉しい。しかし、入浴前にヒシャクで熱湯を100回ほどかぶってから入るというのが正式な湯治法とか。当然ながら、石鹸・シャンプーなどは使用禁止。
那須「鹿の湯」
『那須 鹿の湯』に名古屋方面から行く人は少ないとは思うが、奥飛騨温泉より濃いように感じた。450kmほどかけて行っても、充分に満足のできる旅になること請け合い。

2005年6月下旬取材那須「鹿の湯」


那須「鹿の湯」 那須「鹿の湯」
那須「鹿の湯」
癒しサイト自然派倶楽部 yuu温泉宿


  サイトマップ
  通販法に基づく表記
  主宰者プロフィール
  http://www.yuu3.jp/
  top@yuu3.jp

© 2002〜yuu 当サイトの著作物を使用する場合は許可が必要です──
癒し系サイト『自然派倶楽部 yuu 』〒507-0814 岐阜県多治見市市之倉町7丁目175-145──
※取扱品目のお問合わせ:夜間・休日も可 TEL 0572-24-9020 / FAX 0572-74-0265──
(ご注意:上記は「趣味サイトである温泉宿」の連絡先ではありません)──