感動 いい話

感動 いい話

皆さんが体験した・聴いた・見た「心に残るちょっといい話・感動するいい話・ためになる話」などを掲載します。心温まる出来事はハートに活気を与え、生きていることの喜びでもあり、心の癒しにもなります。皆さんからの投稿をお待ちしています。

心に残るいい話:9(感動 いい話)

徳島県:Masashiさん(?歳・男性)
さりげない優しさ

感動 いい話ある4人家族がいました。
30代の夫婦と2人の兄弟。1人は10歳、1人は8歳でした。
感動 いい話
ごく平凡な家族なのですが、10歳のお兄ちゃんは重度の食物アレルギーを持っていて、食べ物も好きに食べられないという状態でした。
感動 いい話
そんなある日、弟が学校でいじめられて帰ってきました。
感動 いい話
母親は驚いて理由を聞くと「僕だけファミレスに行ったことがないからって仲間外れにされた」と弟は言いました。実はお兄ちゃんの食物アレルギーのため、弟はファミレスどころか、外食もしたことがない、という状況でした。
感動 いい話
それを聞いてショックを受けた母親は、父親と相談して、弟を1度ファミレスに連れて行くことに決めました。
感動 いい話
そして、ある日家族4人でファミレスに行き、席に着きました。すぐに店員が注文を取りにきました。母親は店員に、「日替わりランチ2つとお子様ランチを1つ下さい。」と頼みました。

すると店員は、「お子様ランチ1つですか?」と尋ねました。母親は「はい、1つでお願いします。下の子がファミレスに行ったことがないとクラスでからかわれてしまって…。一度ぐらい連れてきてあげてもいいんじゃないかって思って連れてきたんです。と言うのも、上の子が食物アレルギーで食べるものも制限されているんです…。それでも子供たちにはできるだけ不自由な思いはさせたくないと思って連れてきました。
さらに失礼なお願いなのですが、上の子には家から持ってきた、これをここで食べさせてもかまわないでしょうか?」と、母親はかばんから食材の入ったタッパーを取り出しました。
感動 いい話
当然ファミレスに食べ物を持ち込むということは、食中毒などの店側の衛生管理上の問題により、本当はダメだということは母親にもわかっていました。ここで断られたらどうしようかと、母親はひそかに思っていたのです。
感動 いい話
店員は、「そうですか…。」というと、「私にそのタッパーを渡してください。」と母親に言いました。母親は、「えっ」と思い、やっぱりダメか…、と落胆しながら店員にタッパーを渡しました。
感動 いい話
しばらくして両親が頼んだ日替わりランチと、国旗が付いている弟のお子様ランチが出てきました。弟は喜んでいますが、両親は素直に喜べませんでした。ですが、次の瞬間、もうひとつの料理が出てきたのです。それはまぎれも無く、あのタッパーの中の料理でした。綺麗に盛り付けされ、真ん中には国旗が付いています。
感動 いい話
「はい、これがお兄ちゃんのお子様ランチだよ。」その店員の思いがけない言葉と嬉しそうに喜んでいる兄弟の姿を見て、両親は涙が止まりませんでした。
感動 いい話

コメント:最後まで読んでいただき、ありがとうございます。さりげない優しさってなかなかできないですよね。自分もこういう人間になりたいと思っていますが、なかなか…。読んで皆さんはどういう風に思われたのか、教えていただければありがたいです。

画像は『かんぽの宿:淡路島』様からお借りしました。

投稿者へのご感想などはこちらへ
「猫・小型犬のオートペットドア」 ※お薦めポイント
★ペットの専用自動ドア
★他のペットの出入りをシャットアウト
ペットちゃんだって「閉じこもりはイヤ!自由にお外に出て、お庭を走り回って遊びたい」だけど「他のペットが入ってくると…」「防犯上心配……」そんなペットちゃんや飼い主のご要望にお応えして開発しました。
猫ドア・ペットドア 画像

感動 いい話 感動 いい話 感動 いい話

感動 いい話


  サイトマップ
  通販法に基づく表記
  主宰者プロフィール
  http://www.yuu3.jp/
  top@yuu3.jp

© 2002〜yuu 当サイトの著作物を使用する場合は許可が必要です──
癒し系サイト『自然派倶楽部 yuu 』〒507-0814 岐阜県多治見市市之倉町7丁目175-145──
※取扱品目のお問合わせ:夜間・休日も可 TEL 0572-24-9020 / FAX 0572-74-0265──
(ご注意:上記は「趣味サイトである温泉宿」の連絡先ではありません)──