体験話

体験話

皆さんが体験した・聴いた・見た「心に残るちょっといい話・感動する話・ためになる話」などを掲載します。心温まる出来事はハートに活気を与え、生きていることの喜びでもあり、心の癒しにもなります。皆さんからの投稿をお待ちしています。

心に残るいい話:8(体験話)

愛知県:ヴィージー(13歳・男性)
部活活動

小学校まで、部活に入っていなかった僕は、中学に入って困ることになってしまった。
あいにくにも、帰宅部のない中学校だったので、なにかしらの部活に入らなければならない。
運動部に入れと、親に言われたおかげで、苦手で嫌いな運動部に入部しないといけなくなってしまったのだ。
とりあえず、提出日がまだだったので、親には「考えて、決めておくよ」と言って家を出た。
体験話
いつものように、友達と会って学校へと向かう、徒歩25分、なかなかの距離だ。
青空が無限かのように広がっていた。
遠くでは鳥が鳴いて、隣で友達がしゃべりかける。会話に入っているものの、考えているのは部活のこと。
体験話
教室に入った。先生が教室にはいり、朝の挨拶をして、いつも通りのメニューをこなして、一時限目に入る。
毎日の日課だ。
授業の最中も、部活のことを考える。ハァ〜とひとつため息をつくと窓から外を見たりもした。
入ろうとして体験入部の際に選んだのは卓球部だ。
他の部活は無理そうで、唯一できそうな部活。
しかし、思ったよりも練習はハードメニューで、直ぐに断念。
体験話
次は変わって柔道部。
しかし、意外にいける。
結局は柔道部に入部した。
体験話
しかし、部活が始まると、朝早く起きなければならず(朝5時起床)、すぐに嫌になった。
朝の仮病なんて毎回だ。
「頭が痛い」 「お腹が痛い」 「熱があるかもしれない」
毎日のように言った。
しかし、結局は、行かなければならないのだ。
学校が嫌になった、なんで部活なんてあるんだ。と、時には声に出して言ったりもした。
こんなの拷問だよ、とか、友達にも言った。
体験話
でも、慣れるにつれると、だんだんと楽しくなってきた。
今でも辛いし、好きじゃない、
でも、嫌いでもなくなった。
体験話


コメント:感動はしない下らない話だったかもしれないけれど、これは実話なんです。

清潔好きのあなたは自宅のお風呂の水質が気になりませんか?セントラル式高性能浄水器「アクアス5」なら、家庭内の全ての蛇口から、天然水に近い水がタップリと出ます。万一、水道水がストップした場合にも新鮮な水を、12リットル確保できる 防災型(新製品)もあります。


体験話 体験話 体験話

体験話


  サイトマップ
  通販法に基づく表記
  主宰者プロフィール
  http://www.yuu3.jp/
  top@yuu3.jp

© 2002〜yuu 当サイトの著作物を使用する場合は許可が必要です──
癒し系サイト『自然派倶楽部 yuu 』〒507-0814 岐阜県多治見市市之倉町7丁目175-145──
※取扱品目のお問合わせ:夜間・休日も可 TEL 0572-24-9020 / FAX 0572-74-0265──
(ご注意:上記は「趣味サイトである温泉宿」の連絡先ではありません)──