泣ける話

泣ける話

皆さんが体験した・聴いた・見た「心に残るちょっといい話・感動するいい話・ためになる話・人生の後悔話・泣ける話」などを掲載します。心温まる出来事はハートに活気を与え、生きていることの喜びでもあり、心の癒しにもなります。皆さんからの投稿をお待ちしています。

心に残るいい話:12(泣ける話)

三重県:pikateruさん(32歳・男性)
兄貴

泣ける話 私の家庭環境はあまりよろしくない状況でした。
父・母・4歳年上の兄・私の4人家族でした。

私が4歳の頃に両親が離婚。兄は父方へ、私は最初母方に引き取られましたが、母の愛人から虐待を受けて耐えられなくなり、父方へ引き取られる事になりました。

しかし、それから数年後、父は暴力団関係の仕事へつき、それから更に数年後、組織から抜けたものの、博打と事業の失敗、浪費癖などで極貧状態へおちいりました。

そんな状況にも関わらず、父は20歳も年下の女性と再婚、その義母との間に子供も2人出来ました。義母は結婚するまでと、結婚後数ヶ月は優しかったのですが、足りない生活費のやりくりや、慣れない子育ての上、旦那よりも歳の近い、前の嫁の子供が二人もいて耐えられなかったのでしょう。精神的な嫌がらせが始まりました。

4歳年上の兄には中学3年くらいで手がかからなかったため優しく接していたようですが、私には裏返しの洗濯物を見つける度にそれを持ってきて罵声を浴びせ、ご飯のおかわりはしてはいけないと言われ、だんだんエスカレートすると、皆はキッチンのテーブルで食事をしているのに、私だけ自分の部屋の床で食事をさせられるようになり、遊びに来る友人に嫌な事を言われたり、最終的には無視でした。

そして当時、長距離トラックに乗っていた父親は、数日間の仕事から帰ると義母から私のいわれの無い悪口を聞き、その度に「お前のせいでお父さん達はケンカばかりだ!」と私を殴りました。しかし、私も全く罪の無い良い子であったかといえばそうではなく、お小遣いがもらえないのでどうしてもお菓子が食べたくて義母のお金を盗んだり、学校では注目されたくて嘘ばかりついていました。

父親の私への暴力がひどくなる要因に学校がありました。私は小学校での6年間で同じ女性教師に4回担任にあたりましたが、その担任は学校での私の行動を全て義母に告げ口する人でした。学校では目の敵にされ、「あんないいお母さんが来てくれたのに」という口癖の説教を何度聞いたことでしょうか…。


中学に上がる頃だったでしょうか、いきなり両親と義理の子供達の家族と、私と血の繋がった兄とで別居させられる事になりました。義母がどうしても嫌だと父に訴えたのでしょう。ただでさえ苦しかった生活ですが、部屋を余分に借りた事で更に生活が圧迫され、電気やガスが止められるのは日常茶飯事、毎日の食事もままならないようになりました。私は思春期ということもありグレはじめ、学校にも行かずいつも家で死ぬ方法を考えるようになりました。

同じ家に住む兄は私なんかとは対照的で、高校は推薦入学で入り、高校も休まず通っていて、いつもちゃんと勉強をしていました。嫌われ者の私とは違い友人も多く、年下の私がうっとうしいようでしたが、とても優しい兄でした。

色々ある兄との話の中で一番嬉しかった話があります。兄は高校へ行くようになって給食が無くなるため、父親から昼食代をもらえるようになっていました。私はそれを『兄貴は自分だけズルいなー!』といつも腹をたてていました。

ある時私は苛立ちに耐えかねて、「兄ちゃんだけなんで小遣いあるんや!ズルい!俺にもお菓子買ってくれや!!」っとふてぶてしい言い方で絡みました。すると兄は、「しょうがねえなー、ほれっ、これで菓子買って来い」と500円もくれます。貧乏に慣れていた私は(500円もあったらめちゃくちゃお菓子買えるやん!やっぱ兄貴だけズルいな!)と心の中で腹をたててました。

私はすぐさま駄菓子屋でたっくさんのお菓子を買いニコニコで持ち帰ると、「俺にもよこせ!」と兄は100円分くらいのお菓子を取っていきました。私はそれにも腹はたちましたが(まあ100円分くらいならいいか♪)っと自分を納得させ、普段全く食べられなかったお菓子を大切に大切にチビチビと食べたのを今でもハッキリと覚えています。それから何度か兄へお菓子をたかり、その度に兄は「しょうがねえなー」とお金をくれました。

数ヵ月後、たまにやってくる父親が私たち兄弟の家へ来ました。私はいつも父親に「部活の部費がいる。ノートを買う」などと嘘をつき小銭をせびっていました。3回目くらいにさすがに怪しんだ父親は、私を激しく罵りお金を出そうとしません。すでにグレて父親に反抗するようになっていた私は、「なんで兄ちゃんだけ小遣いあって僕には無いんや!」と反発しました。すると父親は『あいつ(兄)に小遣いって、学校の昼食代に3000円やってるだけやぞ?』と言います。私は3000円?十分じゃん!っと一瞬思いましたが、待てよ…っと考えてみました。

お昼にパン1個買うにしても100円はかかる。1日1個でも月2000円以上はかかってしまう。兄は食べ盛りの私と自分の為にインスタントラーメンを買ってくれていたり、時には電気代やガス代も払っていました。そして何より月に2度は私に500円づつのお菓子代をくれていたのです。「いったいどうやって…」分からなくなった私は父に反抗するのをそこまでにし、兄の帰りを待ちました。

無神経な私は帰ってきた兄に疑問をそのままぶつけました。それに対して帰ってきた言葉は驚くべき内容でした。「水や」水?私は訳が分からず聞き返すと兄は、「兄ちゃんの高校には冷水機があってな、それが冷たくてめちゃくちゃ美味しいんや!兄ちゃんはそれを腹いっぱい飲めるんやぞ!いいやろ?」

兄は満面の笑みでそう答えます。更に無神経な子供だった私は、「昼飯はどうしとるの?」と聞きました。その問いに兄は、「ちゃんと食べてるよ、大丈夫」とだけ小声で答えます。私はその答えを聞いた途端ワガママだった自分が申し訳なくなり、「ゴメン」と小さくつぶやくのが精一杯でした。

しかし、兄から出た言葉は、「お前だけ【いつも】カワイソウやもんなっ…」という優しく暖かい内容でした。それを当時高校1年の兄が私にしてくれていたことです。

兄は自分の昼食を抜いて私にお菓子を与え、好きな事ばかりしていたけど両親に責められてばかりだった私をいつもかばってくれ、空腹は水で満たし、夏休みのバイト代を親に吸い上げられても我慢して残したお金で家の支払いなどもしてくれ、必死で頑張っていたのでした。


その後私だけ児童養護施設に預けられ、家族とは離れて暮らす事になりましたが、兄は何度か面会に来てくれて、その度に「お前だけ…」をずっと口にしていました。今では私も自分で商売を起こし、軌道に乗せて人並みの生活が送れるようになりましたが、今もつくづく《あの兄がいなかったら私はどん底におちていただろうな…》っとよく考えます。

何年経ってもずっとこの感謝の気持ちは忘れていません。
「強さと勇気」
人生後悔
あとの後悔は、同じ高校一年生の時の話です。
もうずいぶん前の話です。
人生後悔
高校生になった時、「友達になってくれる?」といわれ
「いいよ」と言ったのに結局他の友達との約束を優先させてしまった為に、その子は私を嫌うように
なりました。
人生後悔
それからその子の私に対する嫌がらせが始まりました。
悪口を他の人に言ったり、気がつくと「仰、睨まれてるよ」と、他の友達に言われたり……。
人生後悔それはずっと続きました。

そんな態度に、私も最初は悪いと思っていたけど、その子がだんだん嫌になりました。
当時、この子には友達がいなかったように思います。
多分。そして化粧の濃いギャル系と呼ばれる子達と一緒にいたように思います。
それはその子がそういう系ではなくてパシリとして色々命令されていた。といった方が正解だと思います。
クラスメイトは、皆そういう人を恐れていました。
自分も、何か言われたりするのではないかとビクビクしていました。

でも、その子はそのギャル系の女の子達の命令を何も文句も言わないで(言えなかったとおもいますが)笑顔で対応していたのが今では思い出されました。
人生後悔人生後悔
私には、その子は影で悪口を言っていたり嫌がらせをしてました。


「後悔した出来事」
人生後悔
高校に入り友達が出来ました。高校生活はとても楽しかったものでした。
でも、高校生活も終わりかけた時、今の親友を裏切ってしまった事が後悔の始まりでした。
それは今でも深い後悔です。
人生後悔
1番目の話より、とても後悔した話ですが
彼女は自分の行為を許してくれました。
それは今の私を支えてくれています。
人生後悔
高校三年生のとき、当時クラス替えで友達が出来ました。
彼女は林実さんという女の子で大人しい子でした。
私は昔グループから仲間はずれにされた苦い思い出があります。
そして友達に絶交されました。その傷は今も消えません。
だけど、あの日自分もまさか同じ過ちを犯してしまうとは


安曇野優子からのコメント:以前には、あなたのような悲しい家庭環境が少なかったのですが、最近は多く聞きます。しかも、事件になってしまうことがニュースで流れているのを見聞きするのですが、その度に空しくせつない思いがします。
人生後悔
両親の“離婚”が原因になって、弱い子供たちに歪みが及ぶのでしょうか。全員が泥沼であえいでいるかの状況です。
人生後悔
pikateruさんの場合は、幸いにもお兄さんに愛情があったのが助けになりましたね。世の中には、誰にも愛情をかけられず、幼くして虐待死をする魂があります。まるで「生まれてこなかった方が良かった」ような…少なくとも、自分が親になったなら愛情を培いたいものです。『愛は、愛でしか学べません』

投稿者へのご感想などはこちらへ
泣ける話 メール

清潔好きのあなたは自宅のお風呂の水質が気になりませんか?セントラル式高性能浄水器「アクアス5」なら、家庭内の全ての蛇口から、天然水に近い水がタップリと出ます。万一、水道水がストップした場合にも新鮮な水を、12リットル確保できる 防災型(新製品)もあります。


泣ける話 泣ける話 泣ける話

泣ける話


  サイトマップ
  通販法に基づく表記
  主宰者プロフィール
  http://www.yuu3.jp/
  top@yuu3.jp

© 2002〜yuu 当サイトの著作物を使用する場合は許可が必要です──
癒し系サイト『自然派倶楽部 yuu 』〒507-0814 岐阜県多治見市市之倉町7丁目175-145──
※取扱品目のお問合わせ:夜間・休日も可 TEL 0572-24-9020 / FAX 0572-74-0265──
(ご注意:上記は「趣味サイトである温泉宿」の連絡先ではありません)──