人生後悔

人生後悔

皆さんが体験した・聴いた・見た「心に残るちょっといい話・感動するいい話・ためになる話・人生の後悔話・人生後悔」などを掲載します。心温まる出来事はハートに活気を与え、生きていることの喜びでもあり、心の癒しにもなります。皆さんからの投稿をお待ちしています。

心に残るいい話:11(人生後悔)

静岡県:仰さん(?歳・女性)
反省はしても後悔はするな

人生後悔「自分の後悔した話」
人生後悔
私には中学の頃好きだった人がいました。
一人は同じ学校でしたが当時苛められていたので、その人も自分の事を貶しました。
人生後悔
違う学校だったもう一人とは塾で知り合いました。
当時、塾でも友達が一人もいなかったので一人でした。
同じ時間帯に授業を受ける中にその人がいました。
その人は友達と一緒に塾に通っていてとても楽しそうでした。
人生後悔
けど、自分は話しかける勇気がなくて、そのままサヨナラしてしまいました。
彼はもしかしたら、
私の気持ちに気がついていたのかもしれません。
だからあの時、廊下で一人、私を待っていてくれたのかもしれません。
だけど、自分は何も彼にしてあげることができませんでした。
人生後悔
話しかけるという勇気があれば《何かが変わっていたのかな……》と思います。
あの時は何も出来なくてごめんなさい。
あの頃からずっと後悔しています。そしてずっと好きでした。


「後悔した出来事」
人生後悔
高校に入り友達が出来ました。高校生活はとても楽しかったものでした。
でも、高校生活も終わりかけた時、今の親友を裏切ってしまった事が後悔の始まりでした。
それは今でも深い後悔です。
人生後悔
1番目の話より、とても後悔した話ですが
彼女は自分の行為を許してくれました。
それは今の私を支えてくれています。
人生後悔
高校三年生のとき、当時クラス替えで友達が出来ました。
彼女は林実さんという女の子で大人しい子でした。
私は昔グループから仲間はずれにされた苦い思い出があります。
そして友達に絶交されました。その傷は今も消えません。
だけど、あの日自分もまさか同じ過ちを犯してしまうとは
思いもしませんでした。
人生後悔
当時、仲が良かった親友と林実さん。
まだ二人は知り合ってはいませんでした。
当時、親友とは違うクラスだったからです。
私は二人が仲良くなると自分が仲間はずれになると思い会わせないようにしてました。
いつもは林実さんと帰っていたのですが、親友の親花ちゃんが帰れると知ると
林実さんとは帰らず、親花ちゃんと帰りました。その日も……。
人生後悔
その日、私は親花ちゃんと帰る約束をしてました。
だけど「林実さんが一緒に帰ろう」と言ってきたので一緒に帰ってしまいました。
約束を忘れていたのかもしれません。
人生後悔
帰る途中の校庭で親花ちゃんとバッタリあった時、声をかけられたのに、私は無視をしてしまいました。
《親花ちゃんには後で謝ればいいや……》
そのまま、林実さんと帰ってしまったことを後悔したのは翌日でした。
謝ろうとした瞬間、今度は親花ちゃんの方が無視をしました。
と言うより、彼女が無視をしたように私には思えました
私は焦りました。《どうしよう……》と。それから三日間
私は後悔をずっとしていました。
《彼女は怒ってるんだ……》
人生後悔
《私があんな事したから……》
こんな事なら林実さんに、親花ちゃんを紹介して三人で仲良く帰ればよかった。
人生後悔
その思いが夢にまで出てきました。
ずっと仲が良かったのに酷い事をした……。
ずっとそればかり考えてしまいます……。
人生後悔
彼女との仲もこれで終わりだと思いました。
昔、私も友達から急に態度を変えられて酷く傷ついた事を思い出しました。
私もその子と同じ事を別の友達にしてしまった後悔は、当時計り知れないものがありました。
人生後悔
あれから、三日後、忘れもしない放課後の事でした。
その日、帰ろうとしていた自分に声をかけてきてくれた親友の優しさは今でも忘れません。
人生後悔
「仰ちゃん。一緒に帰れる?」そう言ってくれたときには驚きと感動でした。
泣きながらわけを話し謝ったら、彼女は「少し傷ついたけど大丈夫だよ。」と笑顔で言ってくれました。
人生後悔
彼女の、あの時の優しさに救われました。それから今まで5年の文通をお互いやりとりして、今でも友達でいられるのは、あの時の親花ちゃんの強さと優しさのお陰だと思います。


「強さと勇気」
人生後悔
あとの後悔は、同じ高校一年生の時の話です。
もうずいぶん前の話です。
人生後悔
高校生になった時、「友達になってくれる?」といわれ
「いいよ」と言ったのに結局他の友達との約束を優先させてしまった為に、その子は私を嫌うように
なりました。
人生後悔
それからその子の私に対する嫌がらせが始まりました。
悪口を他の人に言ったり、気がつくと「仰、睨まれてるよ」と、他の友達に言われたり……。
人生後悔それはずっと続きました。

そんな態度に、私も最初は悪いと思っていたけど、その子がだんだん嫌になりました。
当時、この子には友達がいなかったように思います。
多分。そして化粧の濃いギャル系と呼ばれる子達と一緒にいたように思います。
それはその子がそういう系ではなくてパシリとして色々命令されていた。といった方が正解だと思います。
クラスメイトは、皆そういう人を恐れていました。
自分も、何か言われたりするのではないかとビクビクしていました。

でも、その子はそのギャル系の女の子達の命令を何も文句も言わないで(言えなかったとおもいますが)笑顔で対応していたのが今では思い出されました。
人生後悔人生後悔
私には、その子は影で悪口を言っていたり嫌がらせをしてました。
だけど高校卒業後に分かったのです。
人生後悔
「友達でいてくれる?」その約束を破られたその子のショックの大きさを痛感しました。
あの時から始まった嫌がらせもきっととても悲しかったんだと思います。
それが、憎しみに変わったのだと思います。
人生後悔
そして、いつかの同窓会の時、何事もなかったようにその子と話をしました。
その時、彼女は好きな人の写真を笑顔で私にも見せてくれました。
人生後悔
私が嫌がらせをされた当時、あの時の約束を破ったことが原因だと思い彼女に
「何か嫌な事してしまったらごめんね」と言ったとき
彼女は「ううん。大丈夫だよ。仰ちゃんは何もしてないよ」といいました。
陰で言っていたけど、私の前では明るく振舞ってました。
そんな彼女の態度が私も嫌に思ったのだと思います。
人生後悔
だけど、高校時代
その子の親が当時亡くなってしまった事もありました。
やはり、当時彼女にとっても“友達”は、かけがえのないものだったに違いありません。
人生後悔
彼女を裏切ってしまった約束。
それが今でも後悔する話です。
あの時、特に親しい友達がいなかったのに彼女は皆に笑顔でした。
私は彼女に結構嫌がらせされましたが、それも彼女の寂しさからであり、それと同時に自分の愚かさの罰だと思います。
人生後悔
皆が恐れるギャル集団にも、笑顔で対応していた彼女の強さと勇気の姿を思い出し、
もしかしたら、彼女は強くてきっとクラスで一番優しかったのだと今では思います。


コメント:ずいぶん文章が長くなってしまいすみません。今回は、いい話というより後悔した話ですみません。
人生後悔
最初の話は本当に好きな人でした。でも、もう終わった過去です。これからに期待します(苦笑)
人生後悔
2番目の話「後悔した出来事」は今の親友との話です。今週末遊びます。
あの時はありがとう。
人生後悔
3つ目の話の「強さと勇気」
彼女との約束を破ってまで一緒に帰った相手には、その後、自分が裏切られてしまいましたが、彼女との約束
が守れなかった後悔の方が大きかったです。

投稿者へのご感想などはこちらへ
人生後悔 メール
「猫・小型犬のオートペットドア」 ※お薦めポイント
★ペットの専用自動ドア
★他のペットの出入りをシャットアウト
ペットちゃんだって「閉じこもりはイヤ!自由にお外に出て、お庭を走り回って遊びたい」だけど「他のペットが入ってくると…」「防犯上心配……」そんなペットちゃんや飼い主のご要望にお応えして開発しました。
猫ドア・ペットドア 画像

人生後悔 人生後悔 人生後悔

人生後悔


  サイトマップ
  通販法に基づく表記
  主宰者プロフィール
  http://www.yuu3.jp/
  top@yuu3.jp

© 2002〜yuu 当サイトの著作物を使用する場合は許可が必要です──
癒し系サイト『自然派倶楽部 yuu 』〒507-0814 岐阜県多治見市市之倉町7丁目175-145──
※取扱品目のお問合わせ:夜間・休日も可 TEL 0572-24-9020 / FAX 0572-74-0265──
(ご注意:上記は「趣味サイトである温泉宿」の連絡先ではありません)──