住宅保証制度ロゴ

もしもの住宅保証制度

もしも……に備えて
欠陥住宅・地盤沈下など、あってはならないことですが、家を一軒建てるには多くの心配があります。お客様の被る損害を最小限にするための備えです。
住宅保証

基本的には『地盤保証』『瑕疵保証』は必須です。
※JIO(日本住宅保証検査機構)を参考に掲載していますが、内容は変わることがあります。

瑕疵担保保証 業者の強制保険 住宅の引渡しから10年間は、主要構造部と雨水の浸入を防止する部分の瑕疵については、建築した建築会社が手直し工事をします。

施工会社が倒産した場合はお施主様に支払われます。例えるなら、車の『強制保険』のような考えです。

参考 JIO(日本住宅保証検査機構)の場合(漫画でわかりやすく説明)

リフォーム万が一、リフォーム工事部分に不具合が生じた場合に、JIOは修補費用等を保険金としてリフォーム事業者に支払われます。
地盤保証 地盤調査に含むことが多い 地盤調査をしたのに地盤が原因で不同沈下などから、建物に損害が出た場合に備えて安心な保証があります。※必ず担当者に確認を。

ヒント住宅保証機構株式会社の場合、保険期間は着工日から始まり引き渡し後10年間。保険金支払い限度額は1工事あたり5,000万円まで。※変わることがありますから、契約書を確認。

もしもの住宅保証制度

pagetop